人気ブログランキング |

マー日誌

<   2019年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

関白宣言みたいな曲つくりたい

短い夏が終わり、もうすっかり秋になってきましたね。好きな季節です。
さだまさしの関白宣言みたいな歌詞の曲をつくりたく、苦闘している今日この頃笑。

今村昌平監督の、「黒い雨」を見た(二回目)。めちゃくちゃ感動した。主演の北村和夫が素晴らしかった。市原悦子も、田中好子も最高。なんていうか、普通に生きていただけなのに原爆に遭ってしまった人の気持ちとか、すごく共感した。「なんで東京じゃなくて広島だったのかのう」とかそういう台詞、胸に突き刺さった。最後の、巨大な鯉が舞うシーンが一番好き。あのシーンは生きてる喜びとかすべてつまってると思う!
みんな本気で生きてるなって思った。私も常に本気で生きなくちゃ。

最近四万十川友美さんの「PENIS」ってアルバムを聴いていて、すごくよいなあと思いました。感動しました。
多分つくったときは20代半ばとかかなあ。
20代半ばっていろいろあるでしょ、なんか葛藤とか。性欲の葛藤とか。そういうの、出てるからいいなーって思った。そのときの想いって、そのときしか出せないですもんね。

例えば、いまの自分を考えたとき、なにが表現したいんだろう。なんというか、受け身になっている気がします。実験的に曲を作って、ライブで披露できる場があれば、披露して、どなたかがお気に召してくださったら、あーこれでやっていこうとか、そういう風に思っていて、自分からあんまなにがなんでもこれやりたいみたいなのないかも。わからないけども。

ブログ、はじめたころは本当に更新するのが楽しくって、でもいまは、読者の方には申し訳ないのですが、そうでもなくなっていて、モチベが下がっている気がします。ツイッターとかがあるからかもしれないけれど。怒ることもそんななくなったし。でも、こうして書いていると、楽しい。やっぱり好きだと思った。
自分が今後どうしていきたいとか、特になくて、よく不安になるけど、目の前のことをきちんと一所懸命やっていきたい。

8月が終わった。
怒涛でしたー。いままでの自分の人生の中で、一番テンパっていたと思う。
でも、いままでの自分の人生の中で一番充実していたかもしれない。

小学生のころから小説家になりたくて、でも音楽が好きだから音楽もやりたくて、いろいろやりたくて、まさか39歳まで、働きながら音楽活動してると思わなかったけど、よかった。

「QUESTION」、本当に後藤ひかりさんと、土屋光さんのおかげで成り立った。私ひとりだったら、作品できあがらなかった多分。
稽古は本当に毎回毎回、答えが見つからないからつらくて、脚本何回も書き直したり。SCOOLの前の通りで、お祭りをよく開催していて、お祭りに参加したいけど、いろいろやんなきゃとか切羽詰まった気持ちになったりした。

でも、基本的にお稽古は楽しくて、毎回どんどんよくなっていく感じがあった。
いろいろ手を付けすぎたのかな、美術とか、絵を描くのがきつくて、他の方に頼めばよかったのかもと。。思った。
いいや、だがbutしかし、結局こだわりが私は強いから他の人には任せられないんだよね。くるおしい笑。
初日は、めっちゃ緊張して本番1時間くらい前から、なにも言葉を発せなかった気がする。でも、上演中は楽しかった。
結果佐々木敦さんに褒めていただけたしよかった笑。佐々木さんとのトーク、はじめてだったけど、なんかお客様からのご質問が的を得ていらっしゃっていて、見に来ている方なのに、即興性がすごい!って思った。佐々木さんはお客さまの質問の誘導の仕方もうまくて、すごいなあと思った。

マチネはグルパリさんと急遽対談したけど、グルパリさんは、なんかよくわかんないマシンガントークだけど、けっこう私のことも考えてくれていて、気遣いの人だなと思ったり、おもしろかった。
千秋楽は、思いっきり歌も演技もできた気がした。ふっとお客様の方に目をやると、あたたかい視線を送ってくれている方がたくさんいらっしゃって、うれしかった。ラベンダーズも、普通のワンマンライブくらいの長さを演奏できて、満足だった。片付けのときはあまり感慨はなかった。

私はわりとひとりで何でもできるわって鷹をくくっているところがあって、それで、いままで生きてきたし、作品を作ってきた(気がする)。でも、それでは広がらないよね。
って思わせてくれて、成長できた。ありがとう。「QUESTION」が終わったあと、本当清々しくて、だけど寂しくて胸いっぱいで、空を見上げたとき、うわっと号泣してしまったけど、なんでもできる気がした。

f0135625_01075665.jpeg

f0135625_01083606.jpeg
f0135625_01093190.jpeg
f0135625_01104935.jpeg
f0135625_01111712.jpeg
f0135625_01114077.jpeg
f0135625_01121808.jpeg
f0135625_01124703.jpeg
f0135625_01132277.jpeg
f0135625_01140087.jpeg
関西ツアー
いままで、単発で京都行ったり大阪でライブしたことはあるのですが、京都大阪でソロで続けてライブするの初めてだったな。
京都の「外」は、HEADZ/UNKNOWNMIXのレーベルメイト空間現代が運営していて、いつもよくしてくれる。
空間現代の野口順哉さんは、アルバム出したときも、すごく愛のある素敵なコメント書いてくれたり、外で、レコ発ワンマンライブ企画してくださったり、本当にありがたい存在で。。ライブの後にみんなでごはんいただくのが、けっこうぶっちゃけトークとかあっていつも楽し美味しい。ありがとうございます。

ライブ、以前外でワンマンやらせていただいたときより、自分は成長できた、エモい演奏になっていたような気がして、お客さまにも喜んでいただけたようでうれしかった。
いろんな人が来てくれた。昔の知り合いとか、東京でバイトが同じだった人とか、私を知ってくれている、京都在住の方とか、、最後にみなさまと交流できてうれしかった。

大阪は、豊田さんのo-nestでのライブ見にいったときにすごいよかったHYPER GALの初presents!!!とても光栄でした。
出てたバンドどれも、楽しくて、特に、キーマカリーズとチチワシネマは東京で見たときより、すっごいかっこよくって、刹那を感じる瞬発的感動的な演奏でびっくりした。Gの方のキャラクターとかいいですよね。

帰りは、私が打ち上げしたいといって、みなさん付き合ってくだすって、お好み焼き食べたり、路上でたこ焼き買ってサイゼリヤで食べたり(大阪はたこ焼きが深夜でも路上で売っている!)、サイゼリヤでエスカルゴたくさん食べて超おいしかったり、HYPER GALのお2人はステージではクールなんだけど、打ち解けておしゃべりしていくうちに、芯がしっかりしているのに、話しやすくて楽しい方たちで、本当楽しかったし、私のほうがずっと年上なのに私よりいろいろしっかりしていて、助かりました。大阪で泊まったホテルは、激安いかったけど、なんか上に窓があるけど、窓が小さかったり、囚人の部屋みたいだった笑。朝ごはんはバイキングを食べた。

はー、いま思い出しても、本当に楽しかった。ライブ前はいつもこわくて震えるし、特に遠いとこ遠征だといつももう行きたくない、なんだこの荷物よーって、泣きそうになりながら最寄りの駅まで行ったりするんだけど、いつも帰路は感動している。単純なやつです。楽しかった。私幸せ。
f0135625_01145452.jpeg
f0135625_01152534.jpeg
f0135625_01160582.jpeg
f0135625_01162530.jpeg
f0135625_01165736.jpeg
f0135625_01171932.jpeg
カネコアヤノ氏と大学が同じだった。うれしくて国場くんにメールしたかったけど、メルアド出てこなかった。
岡山健二さんのブログ更新を楽しみにしている、今日この頃。

近々のライブ予定です。↓ぜひぜひお越しくださいませ~~~。

2019年10月13日(日)
東京 荻窪 velvetsun
open 17:30 / start 18:00
charge ¥1800 (+1drink, tax)

act :

ダニエル・クオン Band set(Dr.増村和彦 Pedal Steel.芦田勇人)

MARK in ラベンダーズ(Vo.G.Key.MARK G.石井竜太 Ba.横田裕吾 Dr.コルネリ)

ju sei

and more

詳細&ご予約はこちらからお願いします↓
この日はラベンダーズ、ドラムにコルネリさんをお迎えした、特別編成で演奏します。



10月27日(日)
京都 左京ワンダーランドpresents 糺の森ワンダーマーケット2019
9:00〜16:00
会場:下鴨神社 糺の森
(〒606-0807 京都市左京区下鴨泉川町 59)
入場無料/雨天決行(荒天の場合11月10日に延期)
素敵な場所、楽しそうなイベントー。
また、京都で演奏できてうれしいです!詳細随時、また更新します!



11月1日(金)
東京 茗荷谷 学下コーヒー
MARK バースデーライブ

この日は私の誕生日でして、自分で自分に祝杯をあげたく、
みなさまにもぜひ、お越しいただきたいです!
詳細いろいろ決まり次第、また更新しっます。




by myrel | 2019-09-21 23:47